<< 「キモい展」に行ってきた【閲覧注意】 トワイライト・ディスカバリー「... >>

Chicago PoodleのNewALと大阪市環境局舞洲工場

Twilight Pavement水曜日担当の久世サトシです!
昨日の番組の中では発売されたばかりの
Chicago Poodleのアルバムを大特集。

f0201039_16362372.jpg

3年ぶりとなった作品のタイトルは、
「袖振り合うも多生の縁」。
人と人の絆を様々な角度から綴った1枚です!
全体として「やっぱりChicago Poodle」だと感じる楽曲が散りばめられる中、
多種多様なイントロ、曲中での転調の大胆さなど新しいところがたくさん発見出来ます。
このアルバムを引っさげてのツアーは岡山でも!
10月22日、岡山MO:GLAですのでお見逃しなく!
その前に、8月25日には後楽園、夏の幻想庭園にも登場しますので、
もちろんこちらも忘れずに。

そして関西のオススメ情報をお届けするTwilight Discoveryでは
「大阪市環境局舞洲工場」をご紹介。
大阪市のゴミの4分の1が集まるこの建物は、
サマソニ大阪の近くにあります。
なぜそんなゴミ処理場を紹介したのか??
それはとてもそうは見えないド派手な外観だからです!

f0201039_16482619.jpg

この建物のデザインはオーストリアのフンデルトヴァッサーという建築家。
欧州ではあのガウディと同じく著名な建築家なのです。
今週末はサマソニ大阪に行く!
という方は一度、生でご覧になってみてください!

それでは、また来週の水曜日に!


[PR]
by twilightpavement | 2017-08-17 16:31 | くぜ
<< 「キモい展」に行ってきた【閲覧注意】 トワイライト・ディスカバリー「... >>